Ryuichi 留学日記

NYへ留学している大学生。日常、思ったことをさらけ出して書きます。

ニューヨークのオススメの場所。

 

 

こんにちは!

 

 

気づけば数日が経ってる。

そんな濃い日々を過ごしてます。(笑)

 

 

 

さて、ニューヨーク。

観光地がたくさんですが

 

今日は、、、

Whitney Museum(ホイットニーミュージアム)

に行った話を書きます!!!

 

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326121512j:image

 

 

 

 

僕はアートを見るのが好きで

何のためにこれを書いたんだろう。

何を訴えようとしてるんだろう。

って考えてぼーっとするのが好きです(笑)

 

*自分に酔ってるだけって思う人もいるかもしれないですが

好きなことなんだからその他の意見はどうでもいいです。(笑) 

 

 

 

 

だから友達にオススメされた

ホイットニーミュージアムに行ってきました。

 

 

 

ここはニューヨークの中でも

マンハッタンの下の方のダウンタウンにあります。

 

 

 

金曜日の午後7時以降

自分の払いたい金額を決め入場することができるので

その時間まで寒い中、長蛇の列を待ちました!!!

 

*みんなやっぱり安いのが好きなんだなあ。(笑)

 

 

 

 

入場したらエレベーターで

1番上まであがり、下の階に降って行きました。

 

 

これがたぶん1番効率がいいです!!!

 

 

 

 

誰の作品。誰の写真。

などはあまり興味がないので覚えてないですが

僕が行った日は1番上の階にバレリーナがいました!!!!

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120108j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120406j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120428j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120446j:image

 

 

 

人が動きを見せて表すアートを間近で見て感動しました。

見入るようにずっと見て、、、

 

何を伝えたかったんだろう、、、。

 

 

って考えてました。

 

 

 

 

 

答えは分からず

何となく自分なりの解釈で受け止めました。(笑)

でも、それでいいのかなぁなんて思ってます。

答えは受け取った人次第で何通りにでもなると思ってます。

 

 

 

僕は正直

メトロポリタン美術館より

ホイットニー美術館の方が好きでした。(笑)

 

 

 

あまり載せると

もし同じ作品を見る機会がある人に

怒られそうなので少しだけ、、、

 

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120859j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120926j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120944j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326121026j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326120959j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326121101j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326121127j:image

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326121157j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは何を感じて

何を考えましたか???

 

 

 

僕はメッセージがこもってて

何かを訴えようとしてるのが

なんとなく感じられる気がします。

 

 

 

それと!!!

途中の階で外に出られるのですが

夜景がすごかったです。

 

 

f:id:i_am_ryuichi:20180326121349j:image

 

 

写真じゃ伝わんないのかなぁって思いますが

 

僕はニューヨークに来てるんだなあ。

 

って改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、ニューヨークに訪れた際は

行ってみてください。

 

 

僕のオススメの場所になりました。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

 

P.S.

 

 

実は記事の下の方に

評価をつけるところがあります!(笑)

 

 

そこで星をつけていただけると

僕のモチベーションがあがります。(笑)

 

 

 

もしいいと思った方は

つけていただけると嬉しいです。(笑)

 

 

 

Written by: Ryuichi.